株式会社ジェネシア・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役:田島 聡一)は、2 号ファンドとなる「Genesia Venture Fund 2 号投資事業有限責任組合」(以下 2 号ファンド) の一次募集を締め切り、総額約 45 億円規模で設立したことをお知らせ致します。今後 2 号ファンドは、2019 年 9 月末の最終募集(ファイナルクローズ)を目途に引き続き出資者の募集を行い、最終的なファンド総額は 80 億円を予定しております。

今回の主な出資者は、みずほフィナンシャルグループ各社の株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区、頭取:藤原 弘治)及びみずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表締役社長:齊藤 肇)、東急不動産ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大隈 郁仁)が運営する TFHD Open Innovation Program、株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)、株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員:木村 弘毅)、JA 三井リース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:古谷 周三)など、国内の大手企業および機関投資家となります。

また、2 号ファンドより、東南アジアでの豊富な投資実績・トラックレコードを有する鈴木 隆宏が新たにジェネラル・パートナーとして参画致します。既にインドネシアのジャカルタに駐在事務所を準備中であり、海外ビジネスの知見や事業の立ち上げ経験が豊富な鈴木の参画により、東南アジア全域への投資エリアの拡大のみならず、日本発のグローバルスタートアップを目指す起業家へのサポートもより充実させていく方針です。

尚、1 号ファンドからは、原則リード投資家として日本・東南アジア地域(主に ASEAN主要国)のシードからアーリーステージのスタートアップ 47 社(日本 35 社、海外 12 社、2018 年 11 月末時点)に投資を実行しており、2 号ファンドも 1 号ファンドと基本コンセプトは変えずに投資を実施していく方針で、主な投資対象事業領域は以下になります。

■主な投資対象事業領域
(Ⅰ) リアルと IT の融合によるデジタル・トランスフォーメーション周辺領域
アナログデータのデジタル化、ローカルデータのオープン化・クラウド化等を通じたデジタルデータの集約により、金融、通信、出版、医療、不動産、製造業、農業など既存産業の産業構造の再定義をもたらす XaaS、直接取引プラットフォームなどのデジタル・トランスフォーメーション周辺領域
(II) ニューエコノミー/デジタルメディア・コンテンツ周辺領域
C2C(EC、SERVICE)/シェアリングエコノミー/クラウドソーシング/非中央集権型プラットフォーム周辺領域/ビデオ、AR、VR、MR など新たなメディアやコンテンツフォーマット周辺領域
(III) フロンティアテック周辺領域
AI(人工知能)、ロボット、ドローンや低軌道衛星など、新たな産業のソフトウェア領域において生み出される革新的なデジタル・イノベーション周辺領域

■株式会社ジェネシア・ベンチャーズ(Genesia Ventures, Inc.)について
Genesia は、起源や創生の意味を持つ Genesis に Asia を掛け合わせた造語で、「アジアの創生を担うベンチャーキャピタル」という思いを込めており、「We build the platform for the next huge and sustainable industries in Asia」をビジョンに掲げています。インターネットやテクノロジーが、我々の生活や既存産業を飲み込む中で、“ライフラインや産業構造の再定義”が、世界中で、あらゆる文脈で起こっています。日本においては、規制や既存のアセットが妨げとなり、その再定義が大きく遅れていますが、今後間違いなく起こる(起こらなければもはや生き残れない)再定義です。私たちは、インターネットやテクノロジーの活用により、社会の大きな課題の解決や、大きく新しいビジネス・フロンティアの創造にチャレンジする起業家に、シード・アーリーステージでの出資を通じて併走させていただき、大きく新しい産業として形にすること、そしてその成長スピードの最大化にコミットして参ります。

■会社概要
株式会社ジェネシア・ベンチャーズ
URL:http://www.genesiaventures.com/
住所:東京都港区北青山三丁目 3 番 13 号 共和五番館 2 階 Guild Aoyama 内
設立:2016 年 8 月 31 日
代表取締役 田島 聡一

■本リリースについてのお問い合わせ先
株式会社ジェネシア・ベンチャーズ 担当:吉田
E-mail:hello@genesiaventures.com

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.