INVESTMENT POLICY

OUR POLICY


私たちは、日本・東南アジアの革新的なデジタルビジネスにチャレンジしている起業家に、シードラウンドからプレシリーズAラウンドでの投資、及び順調に成長している支援先へのシリーズA以降での追加投資を積極的に実施しています。

日本は、経済成長率こそ高くないものの、生活インフラや産業のデジタルトランスフォームの余地が大きく、スタートアップにとっては大きな事業機会が存在しています。
また、起業を志す人材の層も、大企業出身者や、投資銀行・戦略コンサルティングファーム出身者など、裾野が大きく拡がってきています。

その一方、東南アジアでは、巨大な人口の大半を占める若年層が、経済成長を強力に推し進めていることに加えて、スタートアップが牽引する形で、一般的なインフラやアセットを必ずしも必要としない、デジタルによる全く新しい構造によって産業が構築されています。

私たちは、日本と東南アジアにおいて、実際のビジネス現場から得られるナレッジやノウハウを活かし、起業家がチャレンジする事業の成功にコミットしていくことはもちろん、現地に深く根差したローカルネットワークや情報網を活かして、支援先の海外展開やローカライズのアシストも積極的に実施していきます。

STAGE


シードラウンド
プレシリーズAラウンド
※シリーズA以降の追加投資も積極的に検討

SECTOR


  1. 1リアルテック

    日本:既存産業のビジネス・ストラクチャーを再定義するXaas、多重構造を解消するプラットフォーマーなどのデジタル・ディスラプション周辺領域
    東南アジア:デジタルベースで構築されるインフラ産業領域

  2. 2ニューエコノミー
    メディア・エンターテイメント

    • ニューエコノミー:C2C、シェアリングエコノミー、クラウドソーシング、非中央集権型プラットフォーム周辺領域
    • メディア・エンターテイメント:メディア、コンテンツ、XR周辺領域
  3. 3フロンティアテック

    AI・IoTや、ロボティクス・ドローン・低軌道衛星など新たな産業の周辺領域

AREA


日本
東南アジア